【ナカの”ヒト”】 〈セイントグレイル 田中大貴社長〉/一軒家でニワトリ30羽と(2022年5月26日号)

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

田中大貴社長

 男性向け化粧品ECのセイントグレイル(本社福岡県)の田中大貴社長は、福岡県内に構える一軒家で約30羽のニワトリを飼いながら暮らしている。生みたての卵を食卓で楽しめるという理由でニワトリを選んだ。卵かけご飯が最も新鮮さを感じられるという。
 出身は埼玉県で、福岡県に移り住んだ。養鶏を始めたのはおよそ半年前で、広い土地を生かして動物を育ててみたいという思いから挑戦した。卵からかえし、ひなのうちは室内で育て、成長に合わせて鶏舎に移している。現在、卵は1日に2~3個採れるという。
 埼玉県の生家では動物を飼ったことはなかった。「せっかく動物を飼うならば」と、犬や猫ではなくニワトリを選んだ。

(続きは、「日本ネット経済新聞」5月26日号で)

鶏舎で過ごすニワトリ

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

ナカの”ヒト” 連載記事
List

Page Topへ