【ヒットの予感】プランドゥ「ひざ用サポーター」/累計販売数3万枚を突破/専門家が開発で差別化

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

シニア向けのカタログ通販や生協ルートで人気が高まっている「ひざ極ら~く」

 通販向け商材を開発するプランドゥ(本社愛知県、山中雅嗣社長、052―930―5601)が14年10月に発売した膝用サポーター「ひざ極ら~く」の販売数が累計3万枚を突破した。シニア向けのカタログ通販や生協ルートで人気が高まっている。特に、秋から冬に、50~60代からの人気が高まる傾向にあるという。
 加齢や運動不足で衰えた筋肉をシリコンの伸縮力を生かして効果的にサポートする。さらに、膝下周囲を固定することで膝のぐらつきを軽減し、膝にかかるストレスをケアするという商品だ。
 筋肉の構造に合わせた特殊な設計を施した。大腿四頭筋を補助して、膝を伸ばす動きをスムーズにする。膝蓋骨を囲むようにホールドすることで、正しい位置をキープ。膝下を固定することで膝回りのがたつきを防ぎ、歩行を楽にするという。
 素材はナイロンとポリウレタンで、「極薄のため伸縮自在で蒸れにくいところが売れている理由」(開発担当者)と分析する。
 製品の開発には、専門家が監修している。
 膝回復オフィス院長の織田茂裕氏が監修している。織田氏は、柔道やバレーボール、野球、陸上などコンディショントレーナーとしても活動し、世界大会や五輪にも帯同。整体徒手技術の研究や後進への指導も行っているという。
 価格は2枚セットで税抜2980円に設定。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。


ヒットの予感 連載記事
List

Page Topへ