【ヒットの予感】 ビジネスマン向けに商品開発〈「TUMI」コラボ小物収納品〉/アプリ会員に先行販売

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

ケースの内側には飛行機の尾翼がデザイン

 旅行関連商品の販売を手掛ける全日空商事(本社東京都、西村健社長)は12月9日、米国のかばんメーカー「TUMI(トゥミ)」とコラボレーションしたPCケースやアクセサリーポーチなど3種類の小物収納品を発売する。出張の多いビジネスマンを意識した商品開発を行い、想定ターゲットに刺さる商品を展開する。11月11日からはANAマイレージクラブアプリ(AMCアプリ)で先行販売し、12月からはECサイトで販売する。
 アプリ会員は日常的に飛行機を利用するビジネスマンが多く、40~60代がボリュームゾーンになる。飛行機による移動でマイルがたまるため利用の機会も多い。普段ANAグループのサービスを活用しているユーザーには特別に先行販売する。
 全日空商事は17年9月から「TUMI for ANA」と題し、TUMIとのコラボ商品の販売を行ってきた。ビジネスバッグなど、売れ行きが好調な商品はECサイトだけではなく一部空港の実店舗でも取り扱っている。
 今回販売するのは、PCケース、アクセサリーポーチ、パスポートケースの3種類。いずれの商品にもANAグループのコーポレートカラー「ブルー」をあしらった。
 「ビジネスマン向けにこんな商品があったらいいなと考えて開発を進めた。PCケースやアクセサリーポーチは、出張などの移動が多い中、衝撃に耐え得るような作りにした」(経営企画部経営企画チーム広報担当)と言う。
 PCケースは最大13インチの液晶サイズを収納できる。名刺やメモなどを収めることができるカードポケットや、PC付属のガジェット類を入れることができるファスナーポケットを取り付けている。ケースの内側には飛行機の尾翼をデザインした。

カラーはブラックを用意

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

ヒットの予感 連載記事
List

Page Topへ