【ヒットの予感】 60分約8.5円で稼働〈「衣類乾燥除湿機 Hシリーズ(CD―H1821)」〉/トップクラスの除湿能力

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

「衣類乾燥除湿機 Hシリーズ(CD―H1821)」

 暖房機器や空調・家電機器、住設機器の製造販売を行うコロナ(本社新潟県、小林一芳社長、(電)0256―32―2111)では、除湿機の販売が伸長している。特に、衣類乾燥除湿機Hシリーズ(CD―H1821)の販売が好調だ(オープン価格)。色はエレガントブルーとアーバンブラウンの2色。
 除湿機市場のニーズの変化や、コロナ禍における在宅時間の長期化で室内空間の快適性を求める人の需要の増加が要因としている。
 Hシリーズは、電気代の安い「コンプレッサー式」の除湿方式を採用。DCモーターの採用で低消費電力を実現させ、1時間あたり約8・5円で稼働する。
 利用するシーンに応じて使い分けも可能。「標準」「eco」「夜干し」「厚物モード」の4つの衣類乾燥モードを搭載している。標準モードでは、300ワットのヒーターによる温風と、広い吹出口からの大風量によって、約1時間でスピード乾燥ができる。除湿の能力は1日18リットルで業界トップクラスとしている。4.5リットルの大容量排水タンクで、約6時間の連続運転を可能にしている。
 21年モデルより、除湿機内部に汚れがつきにくく「クリアフィンコート」を採用した。より清潔に使用できる。
 同社は、SNSでの情報発信やネット販売にも注力している。21年2月にはコロナ公式オンラインストア「コロナストア」限定モデルの除湿機「スノーホワイト」を発売。デザイン性を高め、インテリアに溶け込むデザイン設計にしたほか、売り方にも工夫している。

使用中のイメージ

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

ヒットの予感 連載記事
List

Page Topへ