【ヒットの予感】 水素焼成サンゴ末〈「ファーストサンゴ」〉/コロナ禍でもセミナー9割埋まる

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

水素焼成サンゴ末「ファーストサンゴ」

 サプリメント原料の製造販売を行うファースト(本社東京都、矢野浩司社長、(電)03―5475―8967)は、水素焼成サンゴ末「ファーストサンゴ」を提供している。同素材には、腸内環境改善と抗酸化の作用により、薄毛・白髪改善、美髪の効果が期待できるという。9月に開催された美容系展示会では、コロナの影響で展示会の客足がまばらだった中で、ファーストのセミナーでは、用意した席の約9割が埋まるなど、注目度が高まっている。
 同素材は、独自技術でサンゴに水素を定着させ、粉末状に加工した健康食品原料だ。「ファーストサンゴ」が体内に入ると、サンゴが腸内の掃除をし、腸内フローラ改善の働きをするという。水素には、腸内の活性酸素を取り除く働きも期待できる。
 同社によると、体内の活性酸素の約90%が、腸内で発生するのだという。「ファーストサンゴ」には、薄毛や白髪の原因といわれる活性酸素の発生を抑制する働きが期待できるとしている。
 神奈川歯科大学内の研究機関が行った、「ファーストサンゴ」による活性酸素の消去率を検査する試験では、「ファーストサンゴ」を溶かした水溶液に、活性酸素の「ヒドロキシラジカル」を長時間抑制する作用があることが確認されたという。
 ファーストは、9月開催の展示会「ダイエット&ビューティー2020」で、水素焼成サンゴ末を摂取するメリットなどを、医学的見地から紹介するセミナーを行った。「ファーストサンゴ」の臨床試験に携わった、東京医科学研究所の鈴木奈央子所長が講師として登壇した。サプリの通販事業者やエステ店の担当者などが、多く来場した。
 「ファーストサンゴ」についてはこれまで、健康食品メーカーやエステサロンなどへのOEM供給の実績がある。単なる栄養補給と差別化した、付加価値の高い商品開発が可能だとしている。同社では今後も、「ファーストサンゴ」の安全性・有効性に関するエビデンスデータの収集に注力していくとしている。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

ヒットの予感 連載記事
List

Page Topへ