【ヒットの予感】 就寝前の新習慣〈「おやすみ前の背中ピロー」〉/肩・胸を伸ばし、呼吸を調整

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

カーブ形状をしたクッション

 生活雑貨メーカーのマーナ(本社東京都、名児耶美樹社長、(電)03—3829—1111)は9月19日、胸や肩を伸ばすためのクッション「おやすみ前の背中ピロー」を発売した。背中や胸の筋肉をほぐすことで、より深い呼吸を促す。寝付きを改善するための新しい習慣として提案する。
 城西国際大学福祉総合学部理学療法学科の松田雅弘准教授が「おやすみ前の背中ピロー」を監修した。流線形のクッションが背中にフィットし、疲労により丸まった背中や胸の筋肉を伸ばす。マーナはクッションを就寝前に、5分間使用することを推奨している。
 松田准教授の実証実験によると、クッションを5分間使用した後、広背筋・背部筋や体幹の柔軟性が改善されたという。「凝り固まった筋を無理なく伸ばすことができ、深い呼吸ができることでリラックス効果が得られる」(松田准教授)とコメントしている。
 マーナは「寝る直前までスマホを使用するなどリラックスしにくい生活環境が増えた。寝つきやすさに貢献する商品を開発したかった」(広報担当)と新商品を説明する。
 クッションカバーには肌触りの良いニットを使用。裏面にはメッシュ素材を採用した。カバーは外して洗濯できる。クッションの中身はウレタンチップで、背中の中心部に密着する。両サイドには、体になじむ発砲ビーズを使用。ビーズが劣化することを想定して補充口を設けた。
 20〜40代の働く女性をターゲットにしている。サイズは幅58センチメートル×奥行28センチメートル×高さ9センチメートル。希望小売価格は3980円(税別)。

カーブ形状をしたクッションが背中に密着し、筋肉を伸ばす

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。


ヒットの予感 連載記事
List

Page Topへ