【ヒットの予感】在庫リスク・初期費用なし〈「”揺れる”ジュエリー」〉/出荷数は急増、ギフト需要も取り込む

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

「ダンシングストーン」のネックレス

ジュエリー、アクセサリーの製造販売を手掛けるクロスフォー(本社山梨県、土橋秀位社長、(電)055―226―9995)が製造する、特殊な技術を用いた「揺れる石」のジュエリーが人気を集めている。ネックレスやペンダントの宝石(中石)が細かく揺れるため、宝石の輝きが際立ち、実際より大きく見える特徴を持つ。
 中石が振動する製法の商品を「Dancing Stone(ダンシングストーン)」と名付け、特許を取得した。さまざまなデザインのオリジナルジュエリーを展開している。
 オリジナル商品のほか、指輪のダイヤを生かして「ダンシングストーン」のネックレスなどにリフォームする注文も受けている。眼鏡のつるに「ダンシングストーン」を入れるなど、カスタマイズの注文の幅は広がっている。
 「ダンシングストーン」は11年から販売を開始。12年7月期の商品の出荷数は1万本だったが、右肩上がりで伸び続け、15年7月期はOEM生産も含め29万3000本に達した。昨年7月にTBSの情報番組「がっちりマンデー!!」で紹介され、注文数はさらに伸びているという。

続きは「日本流通産業新聞」2月4日号で)

メディアで取り上げられ注文数は増加した

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

ヒットの予感 連載記事
List

Page Topへ