【ヒットの予感】 自宅で手軽に燻製〈「もくもくクイックスモーカー」〉/5感で楽しむ調理家電

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

「もくもくクイックスモーカーL(右)S(左)」

 商品の企画・開発を手掛けるドウシシャ(本社大阪府、野村正幸社長)は9月4日、秋冬新商品の内覧会を開催した。ハウスウェア部門からは、5感で楽しむことがコンセプトの家電新ブランド「LIVE(ライブ)」を発表、各種商品を紹介した。「ライブ」の新商品のうち、自宅で燻製料理が作れる調理家電「もくもくクイックスモーカー」は、煙が出にくい構造にしたのが特徴。自宅で簡単に燻製料理を楽しむことができる。
 使い方は、燻製チップに火をつけて本体に食材をセットする。ガラス製のふたをかぶせ、約5分間燻すと出来上がる。ふたはドーム型のデザインで、食材が燻製されていく様子を見ることができる。
 新ブランドと商品開発の背景にあったのはSNS市場の拡大。SNSの中でも、インスタグラムや、tiktok(ティックトック)など、写真ではなく動画をシェアすることが、現代のトレンドになりつつあることから着想を得たという。
 第二事業本部ハウスウェア商品DIVの青木響氏は、「『SNS映え』が写真から動画に移行しつつある。ライブ感のあるブランドとして成長させていきたい」と説明する。
 「もくもくクイックスモーカー」に関しても、ただ食べるだけではなく、食材が燻されていく様子を見ることを楽しめる点が一番のポイントだという。
 燻製の需要も高まっている。青木氏によると、燻製関連商品は5年前より年率1〜2割の割合で増加しているとしており「燻製食品も広く商品化されるようになり、今後も人気は続くはず」(青木氏)と期待する。
 「もくもくクイックスモーカー」のサイズはL・Sサイズの2種類。Sサイズは1人分の調理に適している。Lサイズの大きさは縦310ミリ×奥行き310ミリ×高さ120ミリで、重量は2.5キロ。Sサイズは、縦150ミリ×奥行き150ミリ×高さ150ミリで重量は850グラム。どちらもレシピブックと燻製チップが付属する。
 9月下旬に発売予定。Lサイズは店頭価格が4980円(税抜)、Sサイズは2980円(同)となっている。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

ヒットの予感 連載記事
List

Page Topへ