【ヒットの予感】 切れ味よく、ふっくら〈「ふわっとおろしてみま専科」〉/”おろし金界のベンツ”累計9万個に

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

大根おろし器「ふわっとおろしてみま専科」テレビ番組で「おろし金界のベンツ」として紹介、欠品を起こすほどの大人気商品となった

 通販や生協ルート向けに商品開発するアーネスト(本社新潟県、鈴木邦夫社長、(電)0256—41—1010)が販売する、大根おろし器「ふわっとおろしてみま専科」が、カタログ通販や生協を中心にシリーズ累計9万個に達するヒット商品になっている。
 鋭利な本目立てをしているので切れ味が良い。食材の繊維を切っておろすため、食材を潰さずほどよく水分を含んだ滑らかな大根おろしを作ることができる。
 食材を動かす方向に対して目が重ならないように配列。おろした食材が容器に入る開口部を大きくしたことで作業性が高くすばやくおろせるという。おろし金を湾曲させ、食材の接地面を少なくすることで腕にかかる負担が軽減されている。
 容器本体の底面には、滑り止めでしっかりと固定。水切り付きのフタで余分な水分を適度に切ることも可能だ。
 07年に初代の「楽楽オロシてみま専科」を発売。しっかりとした目立てのおろし器として、ふわふわな食感の大根おろしが食べられると人気の商品に。かっぱ橋道具街にある老舗の「飯田屋」の6代目の現店主がテレビ番組「マツコの知らない世界」で”おろし金界のベンツ”として紹介したところ、欠品を起こすほどの大人気商品となったという。
 その後、17年10月に従来品を改良し、「ふわっとおろしてみま専科」(税別4000円)として発売。それまでの「楽楽オロシてみま専科」が大きいサイズであったことから機能やおろし具合は変えずに、コンパクトなサイズに再設計した。一般の家庭でもより便利に使えるようになっている。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

ヒットの予感 連載記事
List

Page Topへ