【人】 〈ユナイテッドアローズ 藤原義昭 執行役員 CDO DX推進センター担当本部長 兼 同デジタルマーケティング部部長〉/2つのDXがミッション

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 衣類やファッション雑貨のセレクトショップ最大手であるユナイテッドアローズ(UA)は今年4月、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進センターを設立し、藤原義昭氏を執行役員DX推進センター担当本部長として招聘(しょうへい)した。藤原氏は「私のミッションはDX。ただ、小売業のDXは二つある」と語る。
 藤原氏はブランド品買い取り販売のコメ兵で、マーケティングやオムニチャネルで実績を積み重ねてきた人物。オムニチャネル化の経験が豊富な人物は小売業界でも多くはない。その経験を買われてUAに入社した。
 「私は今、47歳でセレクトショップ世代。UAは憧れの企業だ。マーケティングという面でいうと、お客さまの認知を獲得することにコストが一番かかる。UAの場合は、誰でも知っているのでそこに大きな投資は必要ないし、次のことをどうやるかというフェーズにすぐ入れる企業だと思った。セレクトショップではトップ企業で規模が大きいので、ダイナミックに事業を動かせると感じたこともUAに入る決め手だった」(藤原氏)と語る。

(続きは、「日本流通産業新聞」5月27日号で)

〈プロフィール〉
ふじわら・よしあき氏
 74年、愛知県生まれ。99年、コメ兵に入社。ECサイトの構築・運営やマーケティング、オムニチャネルを推進。コメ兵ホールディングスで執行役員マーケティング統括部長に就任。21年3月末でコメ兵を退社。同4月からユナイテッドアローズに入社。執行役員 CDO DX推進センター担当本部長兼 同デジタルマーケティング部部長に就任。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

「人」 連載記事
List

Page Topへ