【人】〈Allbirds 蓑輪光造マーケティングディレクター、石井孝憲ECシニアマネージャー〉/「Allbirds」にCSRはない

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

蓑輪光造マーケティングディレクター(写真左)と石井孝憲ECシニアマネージャー

 米国のD2Cブランド「Allbirds(オールバーズ)」は20年1月、東京・原宿に実店舗を開設し、日本に進出した。米国の雑誌「TIME」が「世界一快適な靴」と評したブランドの日本進出に、オープンしたばかりの店舗には、長い列ができた。
 「Allbirds」が多くのファンを生んでいるもう一つの要素は、「サステナブルなモノ作り」。代表的なアイテムとなっている「ウールランナー」は、最高級のメリノウールを使用しており、靴ひもに再生ポリエステル、インソールには石油ではなくヒマシ油を用いて炭素排出量を抑えている。
 他にもユーカリの木やサトウキビを原料に靴を開発しており、化学原料を徹底的に排除している。

(続きは、「日本流通産業新聞」3月26日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

「人」 連載記事
List

Page Topへ