【ヒットの秘密】 特許技術のダイエットインソール <「Pitsole」> 1年半で50万足販売の大ヒット(2023年11月02日号)

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

特許技術を搭載した

 生活雑貨のバッカス(本社東京都、野崎哲也社長)は、販売するインソール「Pitsole(ピットソール)」が、22年4月の発売から1年半で50万足を販売する大ヒットとなっている。「快適な歩行を実現する」(広報担当者)ことで運動量を増加させ、ダイエットのサポートになるという。
 これまでサプリメントやダイエット飲料を提供してきた同社が、初めて開発したダイエット向けのインソールだ。「体型への悩みを抱えるユーザーが多い」(同)とみて、より悩みの解決につながる商品としてインソールの開発に至った。
 インソールは、足裏の部分がアーチ状になっており、立方骨と踵骨を支える構造。特許を取得している。「立方骨をサポートすると、足の指が自由に使えるようになり、快適で歩きやすくなる」という。
 「Pitsole」は開発段階で臨床実験も実施。「快適な歩行を実現することで運動量が増加し、被験者の体脂肪の減少や筋肉量の増加がみられた」(同社)としている。
 独自技術を詰め込んだ「Pitsole」が50万足を売り上げた要因について、「普段使いしている靴のインソールを変えるだけという手軽さが受けた。欠品を経て、一時予約販売なども行いながら販売を行ってきた。購入者の9割が2足以上を購入している」(同)としている。
 XS~Lまでの4サイズ展開。単品価格は5980円。3足セットが1万8117円、5足セットが3万195円(税込)。

インソール「Pitsole(ピットソール)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

ヒットの秘密 連載記事
List

Page Topへ