【ヒットの秘密】 アスクル〈「暮らしになじむデザイン商品」〉/「ここにしかない」で売上8倍増

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

木村美代子取締役CMO

 アスクルは10月5〜10日、都内・代官山で日用品ECサイト「LOHACO(ロハコ)」で取り扱うデザイン商品を58点展示する「暮らしになじむLOHACO展2018」を開催した。メーカーとのコラボレーション(コラボ)で開発したデザイン商品は「ロハコ」にとって重要な差別化要素。「暮らしになじむ」をコンセプトにしたデザイン商品の中には、通常パッケージと比べて売り上げが8倍増になったケースもある。
 アスクルの木村美代子取締役CMOは、「ECは安い商品を買うのが簡単でレッドオーシャンになりがち。ここにしかない商品を売れば差別化でき、ブルーオーシャンになる」と説明する。
 同イベントでは、大手メーカーなど48社と共同開発したデザイン商品を紹介している。「ロハコ」のビッグデータを活用してマーケティング手法を研究する「LOHACO EC マーケティングラボ」の参加企業と商品を共同開発。消費者のニーズや動向を研究し、購入者の部屋に置いても格好良かったり、ライフスタイルに適したりする商品を開発している。
 第4回となる同イベントのテーマは、デンマーク人が「満ち足りた、心地よい」の意で使う言葉「HYGGE(ヒュッゲ)」。「日々の暮らしをより充実させたい」という消費者のニーズを反映し、生活に少しの豊かさを与える商品を提供している。このテーマに共感したデンマークやスウェーデンの大使館がイベントを後援した。
 「日用品はドラッグストアなどで陳列した際に目立つパッケージを採用しているケースが多い。一部の購入者は、目立つパッケージだと部屋の雰囲気を損なうと考えている。インテリアにもなるデザインを採用した『ビオレu 泡ハンドソープ』は売り上げが8倍増になった」(同)と話す。

家の中にいるような雰囲気でシーン別に展示

異なるメーカーが統一のデザインコンセプトで商品開発

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。


Page Topへ