【ヒットの秘密】 消しゴムのシードと共同で開発〈「SEED Radar 消しゴム 文具コラボッチ」〉/月200本売れるコラボ腕時計

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

鮮やかな青と白の配色が海外のユーザーからも人気を得ている

 独自開発の雑貨を製造・卸売しているヘソプロダクション(本社大阪府、稲本実社長、(電)06―6464―5566)が、消しゴム・修正テープメーカーのシード(本社大阪府)と共同で開発した腕時計「SEED Radar 消しゴム 文具コラボッチ(リストウォッチ)」の売れ行きが順調だ。昨年12月下旬に発売してからすでに約200本を販売(2月4日時点)。予想を上回るペースの出足をみせている。
 発売日は販売場所によって異なる。最も早い場所では昨年12月25日から販売している。海外の顧客からの引き合いも多いという。
 シードと共同開発したこの腕時計は、「ECで商品を目にした人が、思わず買いたくなるような商品を目指した」(稲本社長)。シードとの共同開発は今回が初めてではない。これまでは、靴下など日用雑貨が多かった。「今回はちょっとした贈り物にも最適な、おしゃれな商品にした」(同)。当初は月間で100個程度の受注を想定していたが、予想以上の人気を得ている。
 「SEED Radar 消しゴム 文具コラボッチ(リストウォッチ)」のカラーリングは、鮮やかな発色のブルーと、温かみのあるホワイト。海外ユーザーからも引き合いが多いという。青と白がコントラストしている配色も、海外のユーザーからの人気の一因と見ている。特に多いのは、香港などアジア系のユーザーだという。
 商品を触ったときの質感にもこだわりがある。消しゴムをイメージしたラバー素材を採用した。価格は税込2420円。
 文具と腕時計のコラボレーション「文具コラボッチ」は、今後もラインアップの拡充を図っていくという。
 直近では、2月下旬、文具メーカーの不易糊工業(本社大阪府)が手掛けるのり「フエキ」とコラボレーションした腕時計を発売する予定だ。

消しゴムのような質感にこだわったラバー素材

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

ヒットの秘密 連載記事
List

Page Topへ