【ヒットの秘密】 素足で使用できる中敷き〈「侍インソール」〉/1日で3000足販売

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

「い草」を使用した中敷き「侍インソール」

 草製品メーカーのイケヒコ・コーポレーション(本社福岡県、猪口耕成社長、(電)0944―75―8551)では「い草」を使用した中敷き「侍インソール」の今年6月の販売個数が5月に比べて20倍になった。裸足で履いても蒸れず、畳の感触を味わえるのが人気の要因だ。
 18年から販売を開始した。たたみに使われている「い草」でできているのが特徴。たたみによる消臭効果と足への負担軽減が期待できるという。たたみは水分も吸収するので、梅雨どきのいやなじめじめ感も解消し、裸足で履いてもべたつかないとしている。
 主なターゲットは営業や外回りなど、歩く頻度が高い30~40代の男性だったが、裸足でも履けるのでパンプスやハイヒールなどを履く女性からの人気も高まっているという。
 現在は1日に3000足が売れている日もあるという。6月上旬に九州のローカル番組での宣伝効果により、人気が出た。さらに、レビューなどを書いた人に対して、プレゼント企画を実施する販促活動も行っている。
 インターネット部の平島崇美子氏は「今後は小学生向けの小さいサイズの拡充もしていく」と話す。
 「侍インソール」の価格は1380円(税込)。サイズは22~27センチメートル、カラーはナチュラルとブラックの2色。現在、通販事業者などへの卸売りにも対応しているという。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

ヒットのひみつ 連載記事
List

Page Topへ