【ヒットの秘密】 累計600万本のヒットに<「爽快ソフト耳かき」>/3連ワイヤーの耳かきシリーズ(2023年4月27日・5月4日合併号)

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

特許を取得した本体の形状

 生活雑貨の製造販売を行う、ののじ(本社神奈川県、高部夢宙社長、(電)050―5509―8340)は、耳かき「爽快ソフト耳かき」シリーズがロングセラー商品に育っている。2000年から販売を始め、累計販売本数が600万本に達している。22年も年間13万本を販売してり、今も売れ行きのペースを維持している。
 特徴的なのは、特許を取得した本体の形状だ。耳にあてる先端部分に三つの円形ワイヤーが連なっている。それぞれのワイヤーは独立して動き、耳の奥についた耳あかを取り除くことができる。
 一般的な綿棒や竹製の耳かきのように固すぎず、劣化する心配がないため、安全に使用することができるとする。ワイヤー間にはすきまがあり、すくい出すように耳あかを取り除く。耳あかを奥に押し込むことはない。
 「金属製だが、耳をかいても痛くない。リラックス効果を得るために使用するユーザーから好評だった」(広報担当者)としている。
 「快適ソフト耳かき」は、開発者が「自分に合う耳かきがない」と思い、自作したことがきっかけで生まれた商品だ。金属加工の技術を持っていた開発者が金属ワイヤーを使って原型を制作。「それをあるホームページに掲載したところ、ページを見た人から面白いとの声が寄せられ、販売に至った」(同)。
 その後、有名人がテレビでこの商品についてコメントしたことで認知度が上昇。ユーザーの口コミも広がって人気商品に育ったとしている。
 通販展開のほか、SNSを活用して認知拡大も図ってきた。他社製品にはない独自の形状が伝わる見せ方にこだわっている。ホームページでは、「耳かき診断」というページを設け、質問に答えてユーザーに最適な耳かきを提案している。
 同社は「耳かきとしては安くないが、その価値がある商品だと認められてきたと思う。自分用のほか、プレゼント用としても利用してほしい」(同)としている。
 スタンダードタイプは税込価格2200円。そのほか「快適ソフト耳かき・かため」(税込価格1540円)や、「丸球」タイプ(同1980円)もある。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

ヒットの秘密 連載記事
List

Page Topへ