【ヒットの秘密】 ライブ記録ノート〈「レポチケ」〉/女性に人気、3カ月で1.5万冊出荷

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

ライブやコンサートのチケットを保存し、思い出を書き込める「レポチケ」

 カレンダーやキャラクターグッズを制作・販売するハゴロモ(本社東京都、橘壮太郎社長)が18年に発売したノート「レポチケ」が人気を集めている。ノートにライブやコンサートのチケットを保存し、思い出を書き込める。ライブ好きな女性の人気を獲得。9月30日の発売から3カ月弱で、1万5000冊を出荷した。
 リングノートの見開きページの片方に、ライブチケットを保存する透明なポケットを付けた。反対側は、ライブの感想や、その日の出来事を書き込むスペースとなっている。ノート1冊に20枚のチケットを保存できる。
 ハゴロモは「商品開発チームに所属するライブ好きの女性社員から、チケットとレポートを一緒に保管できる商品を作れないかというアイデアがあり、それを膨らませて商品化した」(ECマーケティング部)と説明する。
 大きさは、縦12センチ×横21センチ。持ち歩きやすいサイズに設計した。滑らかで書き心地がよく、ペンのインクが裏面に写らないよう、厚めの紙を採用した。
 11月中旬、ツイッターで「レポチケ」について投稿したところ、3日間で「いいね!(投稿に対する高評価)」を1万件獲得した。「『こういう商品が欲しかった』という声や、お互いのノートを見せ合う投稿があり、反響は大きかった」(同)と話す。
 卸販売だけでなく、ECサイトでも「レポチケ」を販売しており、購入者は20〜30代の女性が多いという。
 想定以上の人気によって、一時は品切れ状態が続き、出荷先の予約を受け付けていた。4月中には予約分を製造し、品切れ状態を解消する予定。累計出荷数は4月末で2万冊に達する見通し。
 「ライブ好きな女性のニーズが分かったので、今後もライブに合ったバッグやうちわといった商品を企画していきたい」(同)と話す。
 カラーバリエーションは10色の展開で、価格は税別900円。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

ヒットのひみつ 連載記事
List

Page Topへ