【ヒットの秘密】 3大銘菓が共同で企画〈「おみやげんきBOX」〉/異色コラボが話題、応援購入続く

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

「白い恋人」「萩の月」「博多通りもん」にオリジナル風呂敷を付けた「おみやげんきBOX」

 人気銘菓を製造・販売する石屋製菓(本社北海道、石水創社長)、菓匠三全(本社宮城県、田中秀史社長)、明月堂(本社福岡県、秋丸真一郎代表)の3社は5月16日、それぞれの代表菓子である「白い恋人」「萩の月」「博多通りもん」を詰め合わせた限定商品「おみやげんきBOX」のネット販売を開始した。コロナ禍で観光客が激減する中、異例の土産菓子メーカーのコラボが話題を呼び、初回分は即完売した。なじみのある銘菓の窮地を助けたいという「応援購入」が集中したようだ。
 3社は会社の垣根を越え、「コロナ禍で落ち込んだ世の中をお菓子のチカラで元気にしたい」という思いのもと、共同で「ニッポンのおみやげんきプロジェクト」を開始した。その第1弾が「おみやげんきBOX」の発売だった。
 「白い恋人」「萩の月」「博多通りもん」を詰め合わせただけでなく、オリジナル風呂敷を付け、オリジナルデザインの箱に入れて届けている。
 5月16日に発売すると、「めざましテレビ」など多くのメディアで取り上げられた。メーカーの異なる銘菓の組み合わせや、コロナ禍でも旅行気分が味わえる点が好評を博し、5月17日には5月末発送予定の初回分、6月上旬発送予定の2回目分が完売した。
 話題は一過性のものではなく、購入者が届いた商品をSNSに投稿したり、「完璧な組み合わせだ」と発信したりしたことで、注文はやまなかったという。5月18日には6月中旬発送予定の3回目分、6月3日は6月下旬発送予定の4回目分が完売した。現在は7月上旬発送予定の5回目分を販売している。
 「今後、現在の3商品のセットだけでなく、新しい商品企画も進んでいる」(PR事務局)と話す。
 コロナが収束し、全国で安心してご当地銘菓を購入できる日まで、プロジェクトは終わらない。

オリジナルデザインの箱に詰めてお届け

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

ヒットの秘密 連載記事
List

Page Topへ