【ヒットの秘密】 次亜塩素酸水溶液の空間除菌・消臭サービス〈「ZiACO(ジアコ)」〉/用途拡大し台数2.5倍に(2021年11月4日号)

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

次亜塩素酸水溶液の空間除菌・消臭サービス「ZiACO(ジアコ)」

 宅配水事業を行うナック(本社東京都、吉村寛社長、(電)03―3346―2111)が展開する、次亜塩素酸水溶液の空間除菌・消臭サービス「ZiACO(ジアコ)」の契約台数が、順調に増加している。コロナ禍の衛生対策需要の高まりが売れ行きを後押ししているという。コロナ前の20年2月時点と比べ、21年9月時点では契約台数が約2.5倍となった。一般家庭のほか、病院やペットショップなど、除菌・消臭効果が期待される場所への導入が進んでいるという。同社ではこれからのニューノーマルを見据え、全国で「ジアコ」の販売加盟店の募集を行っている。
 「ジアコ」は、専用の噴霧器のレンタルと、次亜塩素酸水溶液の定期配送をセットで提供するサービスだ。次亜塩素酸水溶液を空気中に噴霧すると、ウイルスや菌の除去効果が期待できる。高い消臭効果も確認されているという。これからの乾燥が気になる季節においては、空気中に浮遊している、ウイルスや菌を、噴霧した次亜塩素酸水溶液に付着させて床に落とし、除去する効果が得られるという。
 ナックによると、「ジアコ」は利用される用途が増えており、さまざまなシーンで使われている。そのことが、契約台数が伸長する要因の一つになっているそうだ。
 コロナ以前、「ジアコ」は一般家庭のリビングやオフィスなどでの利用が多かった。20年9月に、ポータブル式の噴霧器「ZiAmini(ジアミニ)」の提供を新たに開始してからは、コードレスで携帯できるため、車内、外出先などのシーンでも利用されるようになったという。
 また、「ジアコ」の法人利用も進んでいる。ペットショップや動物病院など、臭いが気になる店舗に設置されているだけでなく、運送会社のトラックやタクシー、バスなど、不特定多数の人と接する機会が多いドライバーが乗る車中にも、「ジアミニ」を設置する企業が増えているそうだ。
 20年5月には、(独)製品評価技術基盤機構(NITE)が、一部の次亜塩素酸水に「有効性がない」などと発表したとの報道がなされた。
 「ジアコ」については、有効性・安全性の両面で数多くのエビデンスを有している。そのため、報道後も、コロナ以前から使用している顧客からの解約の申し出はほとんどなく、その後も順調に顧客件数が伸びているという。
 「ジアコ」は、専用の噴霧器を無料でレンタルし、定期的に中身の次亜塩素酸水溶液を届けるストックビジネスだ。料金は月額税込4400円となっている。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

ヒットの秘密 連載記事
List

Page Topへ