【売上アップの決め手】 〈honu加藤珈琲店〉/新鮮さ演出、小型商品の充実が好調

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

コーヒー1.5kg福袋 組み合わせ自由な福袋(各500g)2970円(税込価格)

 コーヒー販売のhonu加藤珈琲店(本社愛知県、宗威史社長)は、季節に合わせたギフト、セット販売、福袋、ポスト投函向け小型商品を充実している。19年2月期のEC売上高は3.0%増の20億円だった。
 さまざまな種類のコーヒー豆を詰め合わせた福袋の販売が好調だ。季節ごとに合わせて、福袋のキャンペーンを実施。包装や梱包などのデザインを毎年刷新して、新鮮さの演出に成功している。最近では、従来の菓子のセット販売に、フィナンシェやフルーツ、ナッツのタルトなどを加えた。リピーターに飽きられるのを防止している。
 16年に始めた「ネコポス」を利用したポスト投函サービスも順調で、

(続きは、「日本ネット経済新聞」7月4日号で)

【データ】 ■販売チャネル「自社サイト」「楽天市場」「ヤフーショッピング」

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

売上アップの決め手 連載記事
List

Page Topへ