【こだわり商品開発】 ジームス〈次亜塩素酸水生成器「ジームスシルキーピュア」〉/5カ月で6000台を販売

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

次亜塩素酸水生成器「ジームスシルキーピュア」

 水素製品の製造を行うジームス(本社東京都、江田敏久社長)では、今年2月から販売している次亜塩素酸水生成器「ジームスシルキーピュア」の販売台数が6000台に達した。新型コロナの影響で、健康意識と除菌に対する意識の高まりを捉えた。
 「ジームスシルキーピュア」(実勢価格7万円)は、本体に水を入れてスイッチを押し、最速1~3分で水素水を生成する。従来品の「ジームスシルキー」と同様、お湯でも水素水を生成できるので、茶やコーヒーにも活用できる。

(続きは、「日本ネット経済新聞」7月9日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

こだわり商品開発 連載記事
List

Page Topへ