【こだわり商品開発】 東洋アルミエコープロダクツ〈「石焼きいも黒ホイル」〉/累計販売600万個に自宅で簡単に芋が焼ける

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

手軽に焼き芋ができるホイル

 家庭用商品の製造を行う東洋アルミエコープロダクツ(本社大阪府、山口正起社長、(電)06―6110―1301)は9月6日、「石焼きいも黒ホイル」の10周年記念パッケージを発売した。シリーズで累計600万個販売を達成した。
 オーブントースターだけで、簡単に焼きいもが作れる。ホイルで芋を包んで、オーブンに入れて焼き上げる。加熱スピードが早く、うまみを閉じ込め、おいしく焼き上げる。
 熱効率が競合他社のアルミホイルより優れているといい、調理時間を短くできるようにした。直径4センチメートルのいもの場合、1000ワットで15分の加熱で調理できる。ホイルは薄く柔らかいので、芋のサイズにぴったりと合わせられる。長さ20センチメートルのサツマイモなら、1本で約15回分使用できる。
 600万個販売を機に、さらに販促に力を注いでいく。現在、ECサイトで商品の使い方をユーチューブを使って紹介している。5個セットで送料無料などのサービスだけでなく、10月13日に埼玉県川越市で開催されるイベントでサンプルを配布し、商材の認知を広げていく予定だ。
 埼玉県でのイベントを機に、全国での催事イベントの参加も検討していく。
 今後、累計販売1000万個突破と年間100万本の販売を目指していくとしている。
 価格は1本214円(税込)。ロールの長いタイプは1本410円(税込)。

10周年記念パッケージ

熱効率が優れている黒ホイル

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

こだわり商品開発 連載記事
List

Page Topへ