【こだわり商品開発】 ジーンスレッド〈「ナノプラチナデイマスク」〉/耳にかけない高機能マスク

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

販売する色は白・黒・青・グレーの4色

 健康雑貨のジーンスレッド(本社佐賀県、森本益生社長、(電)0954―65―3959)は10月29日、耳にかけない高機能マスク「ナノプラチナデイマスク」をクラウドファンディングにて先行発売する。
 同マスクには、抗ウイルス性があり、花粉症対策としても役立つという。マスクの内側に使用している生地には、倉敷紡績(本社大阪府)が開発し、病院の白衣にも使用されている固定化抗菌成分「Etak(イータック)」を採用している。
 一般的な耳にかけるマスクと異なり、ナノプラチナデイマスクは、アジャスターの付いたゴムで長さの調整し、首の後ろや頭の上で留めるのが特徴。マスクを長時間しても耳が痛くならないようにした。
 同社は19年8月に、目を休ませながら、仕事や読書ができるアイマスク「アイウォーマーG―TOUCH(ジータッチ)」をクラウドファンディングで発売。開始2カ月で、1413人から支援を受け、1156万円を資金調達した実績を持つ。
 同社は、40年にわたりダンス用のウェアや競泳用などのスポーツ用品を製造してきた。長年の経験があるため、縫製に関して高い技術力を持つという。職人による商品開発力にも強みがあるとしている。
 販売する色は4色で、価格は税込6800円。

内側の生地に固定化抗菌成分を採用

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

こだわり商品開発 連載記事
List

Page Topへ