【受賞店に聞く】 〈日本サブスクリプションビジネス大賞2019 グランプリ〉「トイサブ!」/子育て世代の課題解決サービスが高評価

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

「トイサブ!」を運営するトラーナの武山まき取締役

 トラーナ(本社東京都、志田典道社長)が運営する知育玩具の定額制レンタルサービス「トイサブ!」は12月9日、「日本サブスクリプションビジネス大賞2019」において19年に最も躍進したサブスクリプション(サブスク=定額制)サービスに贈られるグランプリを受賞した。子育て世代の課題を解決するサービスが高い評価を得た。
 「トイサブ!」は月額3340円(税別)で乳幼児の成長に合わせて知育玩具をレンタルする定額制サービス。対象年齢は0歳から4歳くらいまで。レンタルで提供する玩具は1万5000円以上に相当する商品を選別している。2カ月に1回のペースで新しい玩具を届けている。
 15年から開始したサービスはすでに2200世帯の顧客を獲得している。
 「私自身の経験でもあるが、0歳から3歳くらいの子どもは成長が早く、あっという間に使えなくなる玩具が出てくる。買いに行く時間もなく、正しい玩具を選んであげることができない。そんなときにプロが子どもに合った玩具を選んで、送ってくれたらいいなと思っていた。そんな思いから生まれたのが『トイサブ』だ」(武山まき取締役)と話す。
 「トイサブ!」では、7000件以上の知育玩具の選別プランの実績を持つプランナーから指導を受けたプラン担当者が、顧客の要望や対象となる子どもの月齢・志向性に応じて個別に知育玩具のプランを作成している。
 「私たちが大事にしているのは”カスタマイズ”。お客さまとコミュニケーションを図り、感想を聞いたり、問い合わせにも必ずフィードバックするようにしている」(同)と言う。
 武山取締役は、サブスクは増税の影響も受けにくいと説明する。
 「私たちがお届けしている1万5000円相当の玩具を購入する場合、増税で300円くらい支払額が上がる。ただ、当社のサービスでは月額での増額は66円くらい。単品で買うよりもサービスの特性上、お得感がある。増税は追い風だ。無駄に買っても遊ばないなら、レンタルで利用した方が安心という考えになりやすくなると思う」(同)と見ている。


【データ】 
■販売チャネル「自社サイト」

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

受賞店に聞く 連載記事
List

Page Topへ