【受賞店に聞く】 〈楽天SOY2018 腕時計ジャンル賞〉ジャックロード【腕時計専門店】/最低限の販促費で最大限の効果

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

NC事業部・宇根隆通副統括・ディレクター

 ネクストトゥエンティワン(本社東京都、大月浩司郎社長)が運営する腕時計のECサイト「ジャックロード」は、楽天ショップ・オブ・ザイヤー(SOY)2018において腕時計部門ジャンル賞を受賞した。楽天市場においては、最低限の広告費用で最大限の効果を出すことに注力している。
 「ジャックロード」では主に男性用腕時計の販売を手掛けている。一部女性用の腕時計なども扱っているが、男性ユーザーが利用者の大半を占める。中古から新品まで幅広い腕時計を取りそろえており、現在約5000アイテムを展開している。
 ECサイトの運営を担当する「NC(ネットコマース)事業部」には、カメラマンやデザイナーなどが在籍。派遣やアルバイトを含めて約20人の体制となっている。「通販室」も設置しており、主に顧客からの問い合わせや商品の発送対応などを行っている。
 楽天市場での運営においては商品価格を可能な限り削って、安価に提供することを心掛けている。そのため、販促面で大きな投資はしない。楽天市場側がマンスリーで開催する、ハイブランド商品が対象となるクーポンイベントには参加している。ユーザーからの反響が大きいからだ。
 顧客の流入は楽天市場内での検索エンジンからが多く、商品ページの製作には力を入れている。商品仕様や状態を詳細に掲載する。
 「販促費をかける以前に何かできることはないかと常に考えて運営を行っている」(NC事業部・宇根隆通副統括・ディレクター)と言う。
 顧客満足度向上の一環として、基本的にはサイト上に寄せられたユーザーからのレビューすべてに対応する。繁忙期などによって異なるが、平均すると月に25~30件ほどのレビューが届く。「ワン・トゥ・ワンコミュニケーションを大切にしている。お客さま個々を意識した情報発信や応対を行っていきたい」(同)と言う。
 ネクストトゥエンティワンの19年3月期におけるEC売上高は、全体で前期比18.9%増の53億9800万円だった。


【データ】 
■販売チャネル「自社サイト」「楽天市場」「ヤフーショッピング」
■システム「ecbeing(サイト構築)」

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

受賞店に聞く 連載記事
List

Page Topへ