【受賞店に聞く】 〈楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー2017〉長崎心泉堂/ギフト商品開発で法人売上20%増

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

母の日は12種類の花とカステラのセットを展開

 「楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー(SOY)2017」を受賞した、カステラのECサイト「長崎心泉堂」を運営する長崎カステラセンター心泉堂(本社長崎県、中島潤一社長)は、ギフト商戦ごとに、さまざまなカステラの商品を積極的に開発している。バレンタイン向けの商品や母の日向けの商品も好評。ギフト商品の売り上げは伸びているという。法人による利用も増加しており、17年9月期の法人顧客による売り上げは前期比で20%増になったとしている。
 同社の主力商品は、約40年前から販売している「幸せの黄色いカステラ」。ECでは年間数万個を販売しているという。楽天市場には11年に出店。18年1月に初めてSOYを受賞した。
 売上額については非公開だが、年々伸びているのだという。増収が続く背景には、ギフト商戦に注力して積極的に商品開発を行っていることがあるとしている。同社では、ホワイトデー、バレンタイン、母の日、敬老の日、誕生日、内祝いなど、顧客の用途に合わせてさまざまなカステラのギフト商品を開発している。

(続きは、「日本ネット経済新聞」10月11日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

受賞店に聞く 連載記事
List

Page Topへ