【受賞店に聞く】 〈楽天ショップ・オブ・ザ・マンス(19年6月) 「美容・ヘアケア・ネイル」ジャンル賞〉1make/ヒト幹細胞化粧品が7回ランキング1位に

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

笹崎裕之社長(写真右)とEC戦略部の中牧淳子マネージャー

 美容室専売品のヘアケア化粧品などをECで販売するFore Rise(フォアライズ、本社東京都、笹崎裕之社長)は19年6月、楽天ショップ・オブ・ザ・マンスの「美容・ヘアケア・ネイル」ジャンル賞を受賞したECサイト「1make(ワンメイク)」を運営している。受賞要因の一つは、18年にPBとして発売したヒト幹細胞培養液配合のオールインワン化粧品だ。楽天市場のリアルタイムランキングで合計7回1位を受賞するなど、ヒット商品となっているという。
 同社は、美容室専売のヘアケアブランドの化粧品を約700品目ラインアップしている。「ミルモン」や「ナプラ」といったブランドの化粧品が人気。UVケアのヘアスプレーや保湿ヘアパックなどが売れ筋だという。美容室専売品を扱っているが、ユーザーの9割が一般顧客だという。
 同社はこれまで、美容室専売品というニッチで参入障壁が高い商品を扱うことで、他店との差別化を図っていた。18年8月には、自社で価格調整が自由にできるPBの化粧品で勝負しようと決意、ヒト幹細胞培養液配合のオールインワンジェル「Plamoist(プラモイスト)」を発売するに至ったとしている。楽天ショップ・オブ・ザ・マンスを受賞した19年6月度は、売り上げが前年同月比60%増になったという。
 「プラモイスト」は18年8月の発売以来、1年で1万個以上を売り上げた。同社の売り上げの基盤になっているという。「プラモイスト」の販売に当たっては、楽天スーパーセールの際に広告を打って露出度を上げたり、店舗独自の数時間限定のセールで押し出すなどの取り組みを行った。徐々にランキングに掲載されるようになっていったのだという。
 同社ではコールセンターを内製化しており、商品の使い方などに関する顧客からの問い合わせは、すべて社内で対応している。顧客の声を社内で共有しやすくするとともに、すぐにページ制作に反映できるような体制を構築しているという。


【データ】 
■販売チャネル「自社サイト」「楽天市場」「アマゾン」「ヤフーショッピング」
■導入システム「ショップサーブ(ECサイト構築システム)」
■外注先「スリー・ティー(物流倉庫)」

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

受賞店に聞く 連載記事
List

Page Topへ