【受賞店に聞く】 〈Amazon「マケプレアワード」〉AnkerDirect/Amazon主軸に売上100億円目指す

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

井戸義経社長

 スマホやPC周辺機器メーカーのアンカー・ジャパン(本社東京都、井戸義経社長)が運営するネットショップ「AnkerDirect(アンカーダイレクト)」は、Amazonが出品者を表彰する「マケプレアワード」で、2年連続で、「最優秀セラー賞」「配送サービス賞FBA部門」「カテゴリー賞 家電・AV・カメラ部門」の3冠を受賞した。同社は13年の創業以来、Amazonの拡大とともに急成長を続けており、18年12月期の目標として売上高100億円達成を掲げている。
 同社は13年に日本のAmazonへの出品を開始。「安価で高品質」と「顧客とのコミュニケーション」の二つを理念に掲げて、ECの運営を行ってきたという。商品の購入者用に、自社の製品に関する独自のカスタマーサポート窓口も用意しており、商品の使い方や他社製品との互換性といった、簡単な質問にも対応している。

(続きは、「日本ネット経済新聞」7月12日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

受賞店に聞く 連載記事
List

Page Topへ