【受賞店に聞く】 〈楽天ショップ・オブ・ザ・マンス(19年4月度)受賞〉「越前宝や」/母の日と連休需要捉え

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

宝山友紀女将

 カニや干物のECサイト「越前宝や」を運営するたからや商品(本社福井県、宝山明伸社長)は19年4月、楽天市場の月間MVP店舗を表彰する「楽天ショップ・オブ・ザ・マンス」を受賞した。母の日と長期連休需要を捉えた商品がヒット。主力の6種18尾を入れた干物セットの注文件数は、前年同月比で20%増加したという。
 同社は19年の母の日のギフト需要に合わせて、主力の干物セットに早期予約特典を付けた。早期予約特典としては、実際に販売している商品を提供した。母の日商戦の約1カ月前から主力商品の露出を増加。主力商品の全ての画像に、母の日ギフトのキーワードを入れるよう徹底したという。「日ごろから人気がある商品を、母の日のギフトとして選んでもらいやすいように工夫した」(宝山友紀女将)としている。その結果、主力の干物セットだけでなく、連休の需要を捉えた「海鮮BBQセット」の注文も伸びた。BBQセットの注文件数は前年同月比で20%伸びたという。
 同社ではこれまで、干物セットをギフト用の商品として展開してきた。19年の母の日に向けては、10連休もにらみ、自家用商品のラインアップも拡充。「訳ありおまかせ1キロ干物セット」を発売した。加工途中にできた傷や身欠けなどがある「訳あり」の干物をセットにした商品だという。訳ありセットを二つ購入した顧客には送料を無料にし、さらに1セットをおまけで付けるサービスを始めた。その結果、リピーターの獲得につながったという。
 宝山友紀女将によると、「これまで、新しいギフト商品の開発や、メルマガでの訴求を積極的に行ってきたが、顧客がギフト商品を再購入するハードルは高い」のだという。今後は、訳あり干物や、電子レンジで調理できる干物など、自家用商品の品ぞろえを拡充していきたいとしている。


【データ】 ■販売チャネル「自社サイト」「楽天市場」「アマゾン」「ヤフーショッピング」■導入システム「ショップサーブ」(ECサイト構築システム)■外部委託先「トゥルーコンサルティング」(コンサルティング)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

受賞店に聞く 連載記事
List

Page Topへ