【受賞店に聞く】 〈「Amazonマケプレアワード2017」カテゴリー賞食品部門受賞〉ゴディバジャパン/FBA利用で出荷効率改善

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

垣谷直宏マネージャー(写真右)と五島素子アソシエイトマネージャー(同左)

 チョコレートのゴディバジャパン(本社東京都、ジェローム・シュシャン社長)は、Amazonが出品者を表彰する「マケプレアワード 2017」で食品部門のカテゴリー賞を受賞した。Amazonが商品の管理・出荷を行う「FBA(フルフィルメントbyAmazon)」を活用したことが、出荷スピードを速めることにつながった。FBAを利用することで、繁忙期の1〜3月の出荷に対応できるようになった。FBAの利用開始によりプライム対象商品になったことが売り上げの拡大にもつながった。
 チョコレートは品質管理が難しく、同社は商品を保管する温度帯など、商品管理に厳格な規定を設けている。Amazonに出品したのは10年近く前だったというが、品質の担保が難しいという理由から、14年までは自社の倉庫から出荷していたという。

(続きは、「日本ネット経済新聞」8月2日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

受賞店に聞く 連載記事
List

Page Topへ