【EC注目株!】第102回 夢展望/スマホ普及とともに成長。会員数は160万人に/1500円の節目越えてくるなら上値追い入りの公算大

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 夢展望(3185、IFRS基準決算に移行)は1998年5月に、玩具や雑貨販売のネット通販企業として産声を上げた。そして間もなく「衣料品」「靴」分野にも進出。スマホの成長性に一早く着目したのが、紆余曲折を経ながらも「その存在は着実に浸透しつつある」(アナリスト)大きな要因。
 15年3月末時点で会員数が160万人を数えるに至っている点など、その証左といえよう。
 「かわいくなりたい、かっこよくなりたいお客さまの夢と幸せを創造する これが夢展望のマインド」と、自社の存在を訴求している。ECモールへの出店と自社サイトでの販売の2本立てだが、実際にどんな商品が取り扱われているのか。四つのカテゴリーからなっている。「トレンド系」「スウィート系」「上品ガーリー系」、そして「セクシー系」。ホームページに掲載された10~20代の若い女性の着衣姿を見ると、還暦をとうに過ぎた筆者でも街ですれ違ったら「まず振り返るだろうな」が正直な実感。

(続きは、「日本ネット経済新聞」2月8日号で)



<著者プロフィール>
千葉明(ちば・あきら)氏
 昭和24年(1949年)6月18日、群馬県前橋市生まれ。群馬県立前橋高等学校、明治大学政経学部卒業。1973年4月、日本短波放送(現日経ラジオ社)入社。1976年5月、経済評論家・亀岡大郎氏に師事。1982年6月、独立、(有)オフィスエーシー設立。そして自営のいまも、新聞・雑誌の原稿作成、書籍上梓、講演活動に従事。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。


EC注目株! 連載記事
List

Page Topへ