【成長ショップ物語】 〈「グリーンズベジタリアン」〉/イベント強化、口コミでシェア獲得

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

金田郷史社長

 植物性食品のECを手掛けるグリーンカルチャー(本社埼玉県、金田郷史社長)は、催事イベントを強化して、EC売り上げを伸ばしている。
 同社は11年から、ベジタリアン・ビーガン向けのECサイト「グリーンズベジタリアン」を運営している。大豆ミートや、肉を使用しないギョーザを販売。オリジナル商品を自社で製造し、EC全体の売り上げの8割をPB商品が占めている。発売しているPB商品は50品目。
 17年からイベントに出店し、商品販売を行っている。小規模なイベントは50~100人、大規模なイベントでは、ベジタリアンやビーガンを中心に5000人が参加するという。金田社長によると、「日本の人口のうち、ベジタリアンは5%、ビーガンは3%ほど。クローズドマーケットなので、イベント参加者の口コミでECの利用者が増えている」としている。

(続きは、「日本ネット経済新聞」12月5日号で)

【データ】 
■販売チャネル「 自社サイト」「楽天市場」「ヤフーショッピング」
■導入システム「フューチャーショップ(サイト構築)」
■外注先「ヤマト運輸(配送)」

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

成長ショップ物語 連載記事
List

Page Topへ