【成長ショップ物語】 〈買えるAbemaTV社〉/1配信当たりの新規客178%増

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

伊達学社長

 サイバーエージェントの子会社で、EC連動型の通販番組をネットテレビ局で展開する買えるAbemaTV社(本社東京都、伊達学社長)は、2月の月間EC売上高が数千万円で過去最高となる見通しだ。昨年2月に通販番組の配信を開始。番組構成や商品の提案方法を改善してきた。動画1配信当たりの新規顧客獲得数は数千人に成長。1月における新規顧客獲得数は昨年12月と比べて178%増加した。
 ネットテレビ局「アベマTV」内で、通販番組を生配信している。動画配信を始めた当初は、芸能人や専門家がお薦めの商品を紹介する番組構成だった。「この人が紹介するものなら買いたい」という購買意欲を刺激する狙いがあった。
 昨年8月、演者が商品の販売個数を競う新番組「買えるバトルクラブ」を始めた。番組刷新が奏功し、番組を継続視聴するユーザー数が増加。昨年末からは、格闘家や芸能人とのコラボ商品を拡充し、売り上げを伸ばしている。
 旬な出演者の起用でPR力を確保しつつ、商品企画は同社が主導している。昨年12月下旬に、人気ユーチューバーとコラボしたオリジナル包丁(税込8964円)を発売し、動画配信後2週間で数千本の在庫を売り切った。

(続きは、「日本ネット経済新聞」2月28日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

成長ショップ物語 連載記事
List

Page Topへ