【成長ショップ物語】 〈plube〉/56.8%増収情報更新量と質で差別化

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

鈴木卓人社長

 トレーディングカードゲーム(以下、TCG)を販売するECサイト「遊々亭」の運営を行うplube(プルブ、本社東京都、鈴木卓人社長)の19年6月期の売上高は、前期比56.8%増の8億5800万円となった。大幅増収となった要因としては、サイトの情報更新量と、商品の質で差別化を図ったことを挙げている。
 サイトの更新はほぼ毎日行っている。従来は、商品であるカードの買取情報の更新がメインだった。18年9月以降は、SEO対策の意味も込め、デッキの作り方や攻略法などの情報も、頻繁に更新するようにしたという。
 攻略法の紹介ページの執筆などは、TCGに詳しい、複数の外部ライターが担当。ライターの中には、大会で上位に入賞する人もいるという。18年7月以降、外部ライター数もさらに増やしており、19年6月末時点では、120人近い外部ライターを抱えている。質の高いコンテンツでユーザーに訴求していった。
 TCGに関する大会の各試合の内容を、使われたカードの構成なども含め詳細に解説する動画の配信なども行っており、集客の拡大につながっているという。
 情報更新の頻度を増やした結果、検索サイトでも、TCG関連のワードで、上位の検索順位をキープできるようになったという。

(続きは、「日本ネット経済新聞」10月3日号で)

【データ】 
■販売チャネル「自社サイト」
■導入システム「フルスクラッチ」

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

成長ショップ物語 連載記事
List

Page Topへ