【成長ショップ物語】 〈落合住宅機器「設備ロジス.COM」〉/ショッピング広告で月商2倍超に

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

落合智貴社長(写真右)と情報管理部の山本喜男部長

 住宅用設備機器を販売する落合住宅機器(本社東京都、落合智貴社長)は3月、ECサイトの集客拡大のため、グーグルのショッピング広告の運用を開始した。グーグルの検索画面に商品画像を生かした広告を出稿することで、ECサイトの集客数が拡大。4月のEC売上高は、前年同月比2倍以上に増加したという。
 同社のECサイトの強みは、取扱商品が全品在庫品であること。6000点以上ある在庫品をネット販売しており、受注商品は最短で即日発送している。15年にECサイトを刷新し、登録商品数を拡大したことで、16年のEC売上高は前年比2倍以上に拡大した。
 このまま順調に売り上げを伸ばしたいと考えていたが、17年は売り上げが思うように伸ばせなかった。新規顧客を獲得するための施策として、フィードフォース(本社東京都、塚田耕司社長)が提供する広告運用自動化ツール「EC Booster(イーシー・ブースター)」を導入した。
 「最初に設定しただけでグーグルショッピング広告の運用を自動化できる。広告をクリックしてサイトに訪れるユーザー数は想像以上。最初はサクラを使っているのではないかと思うほどの反響だった」(情報管理部・山本喜男部長)と振り返る。

(続きは、「日本ネット経済新聞」7月19日号で)

「設備ロジス.com」のサイト画面

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

成長ショップ物語 連載記事
List

Page Topへ