【EC向けサービス導入事例】〈ライブコマースシステム「ライブキット」〉/〈ザ・キッス〉1配信で売り上げ120万円

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

ベル氏が自らデザインしたネックレスを紹介した。

 ジュエリーを実店舗とECで販売するザ・キッス(本社東京都、李成在社長)は18年6月から、ライブコマースシステム「Live kit(ライブキット)」を活用している。平均月1回の頻度で動画を生配信。動画で紹介した1商品で約120万円を売り上げるなど成果を上げている。
 自社サイトに加え、楽天市場やアマゾンでECを展開している。取扱商品はペアリングやネックレスなど。ライブコマースは新規事業として始めた。
 ザ・キッスによると「中国の動向を見て、ライブコマースはこれから流行すると感じた。『ライブキット』は、導入に要する期間が短いため、新規事業としてライブコマースを実施するのに適していた」(社長付)と説明する。
 「ライブキット」は、自社のウエブサイトに導入した。動画を配信する前に、SNSなどを通して情報を発信し、視聴者を集客している。出演者となるインフルエンサーが集客を担うケースが多い。
 動画を初回配信したのは18年6月。初回から4回目の配信では、視聴数が1万回に達するなど集客には成功していたが、販売数は伸び悩んだ。

(続きは、「日本ネット経済新聞」1月24日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

EC向けサービス事例 連載記事
List

Page Topへ