【BtoB―EC向けサービス導入事例】 〈BtoB―EC専用カート「Bカート」〉志成販売/「使いやすさ」「クイック対応」で効率化

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

営業二部・名島祐主任

 志成販売(本社大阪府、戦松茂社長)は、インテリア雑貨・服飾小物の輸入卸および企画販売を手掛けている。近年は、ECの取引先が増加傾向にあるという。
 1971年に創業、84年に法人化した。販売方法は、約10人の営業社員のルート営業による卸売りがメイン。大阪市内の船場センタービル内に実店舗を構えており、地元近辺の企業、小売店はこちらの店舗で商品を確認してから仕入れるケースもあるという。
 取引先には、専用の商品仕入れカタログを配布する。取扱商品数は年間約5000品目。「シンプルなナチュラルテイスト」をテーマにしたインテリア雑貨や服飾雑貨などが中心だ。自社開発製品の6割近くは中国製造品が占め、残りはインドやベトナム、フィリピンで製造している。社員が現地の展示会などに出向いて新たな製造メーカーを新規開拓している。
 新規販売先は、年2回東京で開催する展示会「ギフトショー」や「ファッションエキスポ」に出展することで開拓している。
 取引先は、店舗販売を行う企業が中心だったが近年はネット通販企業が増加傾向にある。仕入れサイトの「スーパーデリバリー」にも出店。ネット通販企業は自社で扱う独自ブランド商品を探すため、自然検索で流入するケースも多いという。「ナチュラルテイストの取り扱い商品が他社より多く、雑貨と服飾雑貨を取り扱っているため差別化になっている」(営業二部・名島祐主任)と話す。
 本社内に商品画像を撮影するためのスペースを完備。仕入れ先へ商品画像などの要請があった場合は、無償で提供しているという。

■業務効率改善を目的にEC積極化

(続きは、「日本ネット経済新聞」11月29日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。


EC向けサービス事例 連載記事
List

Page Topへ