【EC向けサービス事例】第150回 「Omise Payment」/導入サイト「BloomeeLIFE(ブルーミーライフ)」/定期通販以外の購入が増加

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

ギフト用生花の定期通販サイト「ブルーミーライフギフト」も運営している

 花の定期通販を手掛けるCrunchStyle(クランチスタイル、本社東京都、武井亮太社長)は4月、運営するECサイトに決済サービス「Omise Payment(オミセ ペイメント)」を導入した。決済用のURLを発行する機能が、花瓶などの定期購入でない商品の購入数を伸ばしている。以前は銀行振り込みでの対応により離脱顧客は全体の約6割だったが、現在はほとんどいないという。
 ECサイト「BloomeeLIFE(ブルーミーライフ)」では、500円・800円・1200円(それぞれ税込)の、花の定期購入プランを用意している。現在、定期購入を利用する会員数は約5000人。取り扱う花は提携する22店の花屋からランダムに発送している。

(続きは、「日本ネット経済新聞」12月21日・28日合併号で)

〈システム概要〉
 Omise Japan(オミセ ジャパン、本社東京都、長谷川潤社長、(電)03―6455―5123)が提供する決済システム。タイでの創業以来、シンガポール、インドネシアなどでサービスを提供。URL型決済「リンクス」は、システムを組み込まずに利用できる。クレジットカード情報を保持しない「トークン決済」への対応や、不正検知システムの提供などセキュリティーも強化している。スマホに対応した高いUIの決済画面のほか、既存システムとAPIで連携できるのも特徴。初期費用は無料で、決済手数料が発生する。同社のウエブサイトから申し込める。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

EC向けサービス事例 連載記事
List

Page Topへ