【EC向けサービス事例】第144回 「BカートASP」/導入サイト「フォトルプロ」/営業、事務の業務効率が改善

商材部・芝野浩二氏

 1947年創業の「カメラのナニワ」を展開するナニワ商会(本社大阪府、塩山知之社長)は、法人向け・卸売りECサイトを立ち上げることで、新規顧客開拓を進めている。16年10月に開設してから10カ月間で全国の写真館を中心に会員3000社を獲得。それまで接点がなかったフリーカメラマンやピアノ教室など異業種からの登録にもつなげている。
 「ナニワ商会」は、店舗販売やECによる直販事業に加え、卸売り事業、ラボ事業の三つの事業を手掛けている。一般消費者向けカメラ用品専門のECサイト「ナニワグループオンライン」は、自社サイトのほか、楽天市場とアマゾンに出店。カリフォルニアワインのECサイトも展開している。「中古品カメラを所有する人はビンテージワインに関心の高い人が多い」(商材部・芝野浩二氏)と話す。
 近年、力を注いでいるのは、法人向けの卸売りだ。16年10月にECサイト「フォトルプロ」を立ち上げ、現在約1万品目を揃えている。全国の写真館など2000社のほか、警察(鑑識)などの官公庁や量販店など500との取り引きがあるという。

(続きは、「日本ネット経済新聞」11月9日号で)


《システム概要》
 「BカートASP」は現在、導入実績が約300社。「BカートASP」を利用して商取引を行う企業の全体数は10万社を超える。
 法人を対象としたBtoBコマースに特化しているのが最大の特徴。最短3日、月額9800円から導入でき、カスタマイズの必要がない。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

EC向けサービス事例 連載記事
List

Page Topへ