【ECソリューションマップ2023 「物流編」 <物流代行>】 ティーライフ <物流代行> 運送許可でコスト削減/名古屋に24年問題の戦略拠点(2023年9月28日号)

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

取締役ロジスティクス事業本部長・石澤浩和氏

 健康茶や化粧品などの通販事業を展開するティーライフは、静岡と愛知に3カ所の物流拠点を設けており、物流代行サービスを提供している。22年5月に開設した「名古屋センター」は、2024年問題に対応する戦略拠点としている。東京・大阪間の輸送の中継拠点に位置し、東名阪の大都市圏への効率的な商品供給が可能になる。さらに運送業の許可も取得しており、コスト削減や在庫のロケーション最適化など多様なニーズに柔軟に対応できる体制を整えている。

続きは「日本ネット経済新聞」の新ウェブメディアで!
下記URLから閲覧できます。

関連リンク・サイト

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

ECソリューションマップ 特集記事
List

Page Topへ