【ECソリューションマップ2021 「ECサイト構築サービス〈総合カート〉編」】 〈インタビュー「1―3月の流通総額54%増」〉フューチャーショップ 安原貴之執行役員 セールス・マーケティング部 統括マネージャー/オムニチャネル鉄板施策の導入加速(2021年6月10日号)

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

安原貴之氏

 フューチャーショップ(本社大阪府、星野裕子社長)が提供するSaaS型ECサイト構築プラットフォーム「futureshop(フューチャーショップ)」は、稼働店舗数、流通総額とも拡大を続けている。21年2月に稼働店舗数は2800店を突破。21年1―3月の流通総額は前年同期比54%増の433億円だった。コロナ禍でデジタルシフトが進んでおり、オムニチャネル対応ソリューション「futureshop omni―channel(オムニチャネル)」の導入が進んでいる。コロナ禍におけるEC事業者の変化や強化している取り組みについて、執行役員 セールス・マーケティング部 安原貴之統括マネージャーに聞いた。

続きは「日本ネット経済新聞」の新ウェブメディアで!
下記URLから閲覧できます。

関連リンク・サイト

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

ECソリューションマップ 特集記事
List

Page Topへ