【ECソリューションマップ2023 「ECサイト構築サービス <専門カート>編」 <インタビュー>】 <大型PRの反響は?> W2 山田大樹代表取締役CEO/アクセス数3倍、受注単価は2年で2倍(2023年06月29日号)

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

山田大樹氏

 W2(本社東京都)は今年1月、社名やサービス名を変更し、タクシーCMなどの大型プロモーションを展開した。従来からの強みをさらに発揮していくための”変化”はEC業界でも話題を集めた。大型プロモーションの成果もあり、サイトのアクセス数は3倍になったという。新設したビジネスブランド「W2 Unified Commerce(ダブルツー ユニファイドコマース)」の名のもとに、ECや実店舗、スタッフの接客などをつなぐことで、ユニファイド(統合)されたコマース体験を創出できる強みをアピールしている。このコンセプトはOMO(ネットとリアルの融合)の実現を目指す企業から共感を集め、大型案件の受注増加につながっている。W2の山田大樹CEOに、大型プロモーションの反響や、ソリューションの進化について聞いた。

続きは「日本ネット経済新聞」の新ウェブメディアで!
下記URLから閲覧できます。

関連リンク・サイト

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

ECソリューションマップ 特集記事
List

Page Topへ