【転換率アップしました】<ワインキュレーション>クーポンで転換率30%上昇

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

転換率が約30%上昇した「京橋ワイン」

 ワインのECサイトを運営するワインキュレーション(本社東京都、鈴木達雄社長)は今年6月、エモーションインテリジェンスが提供するウェブ接客ツール「ZenClerkLite(ゼンクラークライト)」を導入した。同ツールを活用してクーポンを配信したところ、ECサイトの転換率が約30%上昇したという。
 ワインキュレーションが運営するECサイト「京橋ワイン」は、新規顧客の転換率を高めることが課題だった。同サイトのリピート率は高いため、新規顧客を増やすことで売り上げを効率的に伸ばせるからだ。
 同社が運営する別のワインECサイトで「ゼンクラークライト」が転換率の向上に寄与したため、「京橋ワイン」でも同ツールの導入を決めたという。
 「ゼンクラーク」は人工知能(AI)がユーザーの行動を分析し、購入をためらっている人にクーポンを配信して購入を促すことができる。AIが自動学習するためには、月商3000万円以上の売り上げ規模が必要だった。


(続きは、「日本ネット経済新聞」9月15日・22日 合併号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

アップしました 連載記事
List

Page Topへ