【売り上げアップしました】壽屋「コトブキヤオンラインショップ」/自社製品と限定商品が人気

清水一行代表取締役社長

 フィギュアやプラモデルの企画・開発・販売を手掛ける壽屋のEC事業が好調だ。17年6月期のEC売上高は前期比約65%増の14億円だった。自社コンテンツのアニメ化により関連商品の売り上げが伸びたほか、EC限定商品の展開による差別化が奏功した。9月26日、東証ジャスダックに上場した。
 自社コンテンツは五つで、プラモデルなどのプライベートブランド(PB=自主企画)商品約300品目をECサイトや都内に4店ある実店舗で販売している。そのうち人気コンテンツ「フレームアームズ・ガール」は、関連商品の累計販売数が70万個を超える。
 「フレームアームズ・ガール」が4月にアニメ化。10月18日に発売したアニメのブルーレイディスクは同月30日付の週間オリコンランキングの「ブルーレイ・アニメ部門」で1位を獲得した。

(続きは、「日本ネット経済新聞」11月23日・30日合併号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

アップしました 連載記事
List

Page Topへ