【客単価アップしました】メガバックス/100万円超える需要開拓

メガバックスの村田肇専務取締役

 システムバス・キッチンのリフォームを手掛けるメガバックス(本社神奈川県、小林哲也社長)のECサイトの顧客単価が急激な伸びを見せている。一般ユーザーから、100万円を超える注文が急増していることが顧客単価の拡大につながっているという。16年9月に高価格商材のサイト掲載を試験的に始めたところ、月間15件ほどの注文が毎月寄せられるようになったという。
 同社のECサイト「リリパ」では、TOTOやLIXILなど住設メーカーの建材を掲載。施工サービスとセットで販売している。
 同社は16年9月、100万円を超えるような商品をECサイトに初めて掲載した。それまでは、最安値の30万円ほどのシリーズがサイトの売れ筋で、賃貸マンションのオーナーなど、プロのユーザーが購入者の大半を占めていた。
 
(続きは、「日本ネット経済新聞」8月31日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

アップしました 連載記事
List

Page Topへ