【Eコマース業界地図「ECサイト構築サービス編」】FID「侍カート」/リピートECを総合支援/カートからCRM、コール、物流まで

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

坂本耕三取締役

 FID(エフアイディー、本社東京都、和田聖翔社長、(電)03―6911―3800)が提供するリピート通販向けのECサイト構築システム「侍カート」は、優良顧客を育成する仕組みを提供するとともに、増えた顧客に対応できる体制構築まで支援している。システムに加え、CRM(顧客関係管理)システムやコールセンター、物流、広告プロモーションまで幅広い支援サービスをワンストップで提供できる。
 「侍カート」は定期購入機能やステップメール、広告効果測定、登録フォーム一体型ランディングページ(LP)など、リピートECに必要な機能を備えている。
 機能のカスタマイズにも対応。アマゾンが提供する決済サービス「AmazonPay 定期購入機能」にいち早く対応している。
 4月にはCRMのためのマーケティングオートメーション(MA)「MOTENASU(モテナス)」の提供を開始した。オンラインはもちろん、DMやコールセンターと連携したマーケティング施策まで自動化できる。
 「顧客獲得単価が高まる中、いかに顧客を育成し、優良顧客を増やせるかが勝負の分かれ目だ。当社は費用対効果を高める仕組みを持っている。カートだけでなく、広告プロモーションでの集客支援やコールセンター、物流、CRMによる顧客の醸成までワンストップで支援できる」(坂本耕三取締役)と話す。
 コールセンターは準備席数3万席の体制を持ち、海外顧客からの問い合わせにも対応する。
 「リピートECでは急成長したことにより、問い合わせ件数も一気に増えるケースがある。その問い合わせに対応できないとせっかくつかまえた顧客も離反してしまう」(同)と言う。
 物流ではリピート通販ならではのサービスに対応した品質の高いサービスも提供する。顧客ごとの同梱物の出し分けなどにも対応する。
 サイト構築から集客、CRM、フルフィルメントまで、リピートECに求められる高品質のサービスをワンストップで提供することで、クライアントのLTV(顧客が長期的に生む利益)最大化を支える。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Eコマース業界地図 「ECサイト構築サービス編」 特集記事
List

Page Topへ