《Eコマース業界地図「ECサイト構築サービス編」特集》コマース21「Commerce21 Sell‐Side Solution」/複雑案件の対応力が評価/オムニチャネルのノウハウ蓄積

セールス&マーケティング本部・田村信博マネージャー

 コマースニジュウイチ(コマース21、本社東京都、玉井邦昌社長、(電)03―6400―4300)が提供するECサイト構築パッケージ「Commerce21 Sell―Side Solution(セルサイドソリューション)」は、ECサービスが進化に応じて求められる複雑な案件への対応力が評価されている。オムニチャネルや新品・中古の同時販売など他社にはないノウハウが蓄積できているという。
 「セルサイドソリューション」は大規模ECサイトの構築を得意とするパッケージ。数千万規模のSKUを持つ企業や、毎時数千件のトランザクション処理が必要な企業のECサイトを構築してきた。
 近年はオムニチャネル化が進むことで、複雑なシステム構築案件が増加している。コマース21は大規模ECサイトの構築実績が豊富であるため、他社よりも先行してノウハウを蓄積できている。
 「オムニチャネルではまずネットとリアルの会員・ポイントの共通化から始まり、物流やオペレーションにおけるサービス領域の施策が増えてきた。店頭でネット在庫を注文できるようにしたり、他店の在庫を取り寄せたり、基幹システム会社やPOSシステム会社に依頼すると大変な案件を、当社がカバーするケースも増えた」(セールス&マーケティング本部・田村信博マネージャー)と話す。
 ほかにも新品と中古を同一サイトで販売し、ギフト対応も行ったり、カスタムオーダーや予約サービスなどを同一プラットフォームで提供するなどさまざまな案件に対応してきた。
 「システムの機能性・柔軟性だけではなく、プロジェクトに対応できる人材が育ってきたことが大きい。他社が嫌がるような複雑な案件でも積極的に対応する」(同)と話す。
 今後、親会社となったヤフーとのシナジーを生むサービスも提供する予定だ。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ