【通販・訪販向け決済 〈訪販・NB〉】 トゥモロー総研〈訪販・NB向け 「CreSys(クレシス)」〉/訪販・NBにスマホ決済提案/追加購入時にペイペイを活用

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 メディア広告や海外戦略サポートを手掛けるトゥモロー総研(本社東京都、矢部良社長、(電)03―6868―8744)は、ネットワークビジネス(NB)向けのクレジットシステム「CreSys(クレシス)」に、非対面のウェブ申し込み機能を追加している。「PAYPAY(ペイペイ)オンライン」の決済システムも搭載し、訪販・NB企業の非対面決済の支援につなげている。
 「クレシス」は、トゥモロー総研が信販会社とシステム接続(API連携)することで、従来の紙ベースのクレジット用紙をウェブ化することができる仕組み。非対面でも対応を可能にすることで、オンライン商談でも画面でクレジット申し込みができるようにした。信販会社のアスマイル(本社神奈川県)やライフティ(本社東京都)など、システム接続が可能な企業との加盟店契約手続きも引き続き提供する。
 トゥモロー総研ではスマホ決済のペイペイと包括代理店契約を締結。会員制ビジネスを展開する訪販・NB企業を対象に、「ペイペイオンライン」の提供を行っている。ペイペイは、ユーザー数が4000万人を超え、加盟店数が230万、月に1億回の決済が行われており、多様な決済を取り入れたい訪販・NB企業への提案を進める。すでに数社のNB企業が導入しており、決済手段を増やすことで会員の利便性の向上につなげている。
 「ペイペイオンライン」をECサイトだけではなく、NBなど会員制ビジネスを展開する業界にも決済インフラとして提供する。会員や顧客が商品をウェブサイトで追加購入する場合や、コンベンションなどのイベント会場やサロン、店舗で商品を購入する場合に、従来の信販やクレジットカード決済に加え、ペイペイの利用ができるようになる。コンベンションやセミナーなどのイベント会場でも利用できる。
 ペイペイで加盟店審査が通らなかった企業の再度の申し込みも受け付ける。会員向けに追加購入できるオンラインサイト(ウェブ受注)がない場合は、トゥモロー総研が制作を代行することも可能だ。
 トゥモロー総研の矢部社長は「気軽に決済システム導入の相談をしてほしい。主宰企業のニーズに応じた最適な提案をしたい」としている。

関連リンク・サイト

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

通販・訪販向け決済 特集記事
List

Page Topへ