【通販・訪販向け決済 〈通販・EC〉】 GMOイプシロン〈通販・EC向け 「Cycle(サイクル)byGMO」〉/売上連動型ビジネスカードを提案/仕入れ資金や広告投資に対応

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 GMOペイメントゲートウェイ(GMO―PG)の連結子会社、GMOイプシロン(本社東京都、田口一成社長、(電)03―3464―6211)は、GMOイプシロンの決済サービスを利用するEC事業者向けに、年会費・手数料が無料の売上連動型VISAビジネスカード「Cycle(サイクル)byGMO」を提供している。コロナ禍で成長するEC企業が、広告宣伝費や仕入れ資金として積極的に活用しているという。
 「サイクルbyGMO」は、前日までの売り上げ実績をベースにしたバーチャルプリペイドカードがコンセプトで、国内では初めてのサービスとなる。
 GMOイプシロンの決済サービスを利用するEC事業者が、自社ECサイトで決済処理した前日までの売り上げの80%を、VISA加盟店での支払いに充てることができる。入金前の売り上げをすぐに使用できるため、急な仕入れ対応や広告出稿などにも柔軟に対応している。キャッシュフローサイクルの最適化が可能だ。
 実際にカードの実物がない「バーチャルカード」のイメージとなっている。通常のクレジットカードだと、セキュリティーを担保した形で郵送するため、一定の時間が必要だった。カードの実物がないため、リードタイムが短縮でき、セキュリティーも担保できる。
 BtoB―ECサイトから商品の仕入れに活用することに一定のニーズがあるという。立ち上げて数カ月の企業であっても、与信の必要がなく販売実績に応じて利用ができる。
 GMOイプシロンは、中小・個人事業主を対象にしている。GMO―PGでは、大手の加盟店が多く、専任者がついている一方で、GMOイプシロンはウェブサービスのような形で広く同様のサービスを提供している。加盟店がオプションなどを選択しない限り、利用しやすい価格帯で提供している。10月2日までのキャンペーンとして、利用金額の通常(0.5%)の6倍となる3%をキャッシュバックする。

関連リンク・サイト

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

通販・訪販向け決済 特集記事
List

Page Topへ