【ニューフェイス〈本紙初登場〉】 〈ユニオンロイヤル〉/復刻パンサーでEC強化

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

広告宣伝室・池田守主事(写真右)と岡部大志室長

 世界長ユニオン(本社東京都、万城目賢二社長)は、靴の企画開発・販売を手掛ける。
 同社では革靴のほかに「歩きやすさ」をコンセプトに、ブランドを展開している。婦人靴ブランド「トパーズ」、男性靴ブランド「ドクターアッシー」は50代以降の男女に人気だ。
 中でも近年注力しているブランドが、55年前の東京オリンピックの年に発売したスポーツシューズ「panther(パンサー)」だ。メード・イン・ジャパンにこだわり、履き心地や機能性の高さから、70年代には学校指定靴として多くの学校で採用された。16年には、東京オリンピックの開催を機に、「復刻版パンサー」としてファッションテイストを強めた。

(続きは、「日本ネット経済新聞」6月27日号で)


【データ】 ■販売チャネル「自社サイト」

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

ニューフェイス 連載記事
List

Page Topへ